ようこそ大連衆墾機械有限会社の公式サイトをご訪問頂き、誠にありがとうございます。電話:0086-13504246772

ニュースの分類

私たちにご連絡ください

大連衆墾機械有限会社

担      当:平 総経理

電      話:0086-0411-39210523

携帯電話:0086-13504246772

SKYPE:manager@dlzkjc.com

EMAIL:syuukonnkikai@dlzkjx.com

U   R   L:www.dlzkjx.com

Q      Q :602108242

住      所:〒116600  中国遼寧省大連市経済技術開発区26号 大連金型工業団地総合ビル2階206



機械部品の加工技術

あなたの現在の位置: トップページ >> ニュースセンター >> 業界ニュース

機械部品の加工技術

発表日:2018-07-11 作者: クリック:

機械部品加工メーカーの材料の加工技術は主に、鋳造、圧力加工、切削加工、熱処理、溶接などの性能がある。

鋳造性能:一般的には、溶融点が低い、結晶温度の範囲が小さい合金が良い鋳造性能を持っている。例えば、合金共産党晶成分の鋳造性が最も良いです。

圧力加工性能:鋼材が冷熱によって変形する能力を指す。冷変形性能の良いマークは成形性が良く、加工面の質が高く、割れにくいものであり、熱変形性能の良いマークは熱の変形を受けた能力が良く、抗酸化性が高い、変形することができる温度範囲や熱さが高い傾向がある。

切削加工性能:刃物の摩耗、動力の消耗および部品の表面の光熱などは金属材料の切削加工性能の良し悪しを評定するシンボルであり、合理的な選択材料の重要な根拠の一つでもある。

可動性:材料の溶接性能の優劣は溶接部の強度が基体金属を下回っていないと、ひびが発生しないことをマークします。

熱処理:熱処理の過程で鋼材が表現する行為をいう。過熱傾向、焼入れ性、回火脆性、酸化脱炭素傾向、変形開裂傾向などにより、熱処理技術の性能の優劣をはかる。 


つまり、良好な加工技術は、加工過程の動力、材料消費、加工期間を短縮したり、廃棄物率を短縮することができる。優れた加工技術の性能は、製品のコストを低減する重要なルートである。各機械の製品のコストの高低は労働生産性と重要な標識である。製品のコストは主に、原料コスト、加工費用、製品率、生産管理費用などが含まれている。材料の選択も経済効果に着目し、国家資源によって、国内生産に結びついて実際に考慮する。また、部品の寿命や修理費を考慮して、新しい材料を使って試験費を検討しなければならない。材料の加工技術は主に、鋳造、圧力加工、切削加工、熱処理、溶接などの性能がある。その加工技術の性能の良し悪しは部品の品質、生産効率とコストに影響している。したがって、材料の工芸性能は、選材の重要な根拠の一つでもある。


微信图片_20180711133254.png