ようこそ大連衆墾機械有限会社の公式サイトをご訪問頂き、誠にありがとうございます。電話:0086-88530656

ニュースの分類

私たちにご連絡ください

大連衆墾機械有限会社

担      当:平 総経理

電      話:0086-0411-88530656

携帯電話:0086-13504246772

SKYPE:manager@dlzkjc.com

EMAIL:syuukonnkikai@dlzkjx.com

U   R   L:www.dlzkjx.com

Q      Q :602108242

住      所:〒116600  中国遼寧省大連開発区遼河中二路1号山河智谷2-5



板金加工の応用

あなたの現在の位置: トップページ >> ニュースセンター >> 業界ニュース

板金加工の応用

発表日:2018-07-11 作者: クリック:

板金加工の応用

加工部品の加工手順は、製品の前期試験、製品の加工試験と製品の量産である。製品加工の手順については、適時にお客様と連絡して、対応した加工の評価を得てから、製品の量産を行います。


レーザーパンチ技術は、レーザー材料加工技術の中で最も早く実用化されたレーザー技術である。板金の職場では、レーザを打開するのは、パルスレーザーを採用し、エネルギー密度が高く、時間が短くて、1μmの小穴を加工することができます。特に、一定の角度と材料の薄い小穴を加工することに適しています。また、強度の硬さが高いか、柔らかい材料の部品の上の深い穴と小さな穴に適しています。


レーザーはガスの車輪機を実現することができるバーナー部品のパンチ加工を実現することができて、穴を打つ効果は3次元の方向を実現することができて、数量は1000個に達することができます。穴を打つ材料はステンレス、ニッケルクロムの鉄合金とハストロイ(HASTELloy)基合金を含んでいます。レーザーパンチ技術は、材料の力学的性能に影響を受けず、自動化しやすい。


レーザーカット技術の発展の下で、レーザーカット機は自動化の操作を実現し、板金業界の上での応用は伝統的な板金技術の加工方法を変更し、無人操作を実現し、生産効率を大きく向上させ、全自動的な操作を実現して、板金経済の発展を促進して、穴を打つ効果面でレベルを上げ、加工効果が顕著になった。


微信图片_20180711094853.png

前の章:ありません
次の章:板金図面の審査